阿倍野区帝塚山ピラティスと腹式呼吸の事

こんにちは♡阿倍野区帝塚山ピラティスと産後骨盤矯正のStudio A.I 帝塚山

ハッピーナビゲータの伊藤綾華です❤️

 

腹式呼吸の横隔膜の動きについて。を今回は書いていこうと思います☝️

腹式呼吸は

「横隔膜が上下に動く呼吸」

です。

横隔膜は筋肉です。膜って書いてあるので皆さん筋肉だとは思わないんだけど、立派なインナーマッスルなんです✨

と言うことは・・・なかなか皆さん動かしていることが分かりづらい筋肉になります。

例えば、心臓や胃や腸などはそのもの自体が動いて機能するのですが、呼吸に必要な肺は、自体で空気を取り込んだり、吐き出したりすることができません。つまり、自分だけでは機能しない器官になります。

 

じゃあどうやって私たちは呼吸しているの❓

って事になるのですが、肺は

*肋骨の間の筋肉(肋間筋)

*横隔膜

*その他の周辺の筋肉

に助けられて空気を吐き出したり吸い込んだりできるようになっています☝️

その一つの大切な筋肉が横隔膜

横隔膜は肺とその下の消化器官の間仕切りの筋肉ですので、腹式呼吸を意識する事で一緒に動かすことができます。

 

さて❗️それでは実際に横隔膜を動かしているイメージをもってやってみましょう❗️

体はイメージを持つことで大きく変化するので、常に頭の中で思い描いてください❤️

①空気を吸い込むときは

横隔膜を下に下げていく

肺が下に引っ張られて大きくなる

と、空気が肺の中に入る

 

②空気を吐くときは

横隔膜が上に上がる

肺が押し上げられて上がる

と、空気が吐き出される


⬆︎こーんな感じ(画像はお借りしています。)

 

そして、腹式呼吸をするにあたって他の体幹の筋肉も使うので、インナーマッスルトレーニングにもなります✨

深い呼吸なので気持ちもゆったりとリラックス❤️

夜寝る前に是非習慣にしてみて下さいね\(^o^)/

 

意識が変わればカラダも変わる❗️

カラダ改革始めましょう✨

阿倍野区帝塚山ピラティス

阿倍野区帝塚山産後ダイエット

https://studio-ai-tezukayama.com/


ダイエット応援コースもご用意しております☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です