阿倍野区帝塚山産後ダイエットと丹田を鍛える事

こんにちは♡阿倍野区帝塚山ピラティスと産後ダイエットのStudioA.I帝塚山

ハッピーナビゲーターの伊藤綾華です❤️

 

丹田についてと、丹田を鍛えるメリットを書いてきましたが、今回は

「丹田をお家でも鍛えられる方法について☆」

それは、前回に引き続き「呼吸」です。

 

前回の呼吸のトレーニングを、安全に効果的にする為に細かく分けて書いていきますね。

横隔膜が動く感覚を意識しながら〜 Let’s try❗️

①体全身の力を抜いて仰向けに

さて、何故仰向きかと言うと初心者や呼吸のトレーニングに慣れない方にとって一番体の動きを意識しやすい態勢が仰向けに寝る事です。

立っている時は自分では体の脱力をしているつもりでも、立ってバランスを取る為に下半身の緊張や体幹筋の緊張があります。

座っている時も一緒。例えば股関節、例えば顔の緊張、手足の強張り。など。関節のロックを無意識のうちにしています。

最初のうちはお腹に集中する為に体全体の力が抜ける仰向けでチャレンジして下さい♡

②お腹の中に風船🎈を

腹式呼吸はサラッと言うと

「息を吸った時にお腹が膨らむ」

呼吸の事。

それを分かりやすく自分で感じる為には「体の中に風船がある」イメージで。

息を吸うと風船がお腹の中で膨らみ、吐くときにはしぼむ。体は常に意識で変化するのでイメージする事はとても大切です❤️

③息を口から長く吐きながら風船はしぼむ。(お腹が凹む)

大切なのは吸う事ではなく、ゆっくり長く息を吐く事です。

吸った時間の倍をかけてゆっくりと細く長く息を吐いていきます。風船がどんどんしぼむのでお腹も自然に凹んでいきます。意識的にお腹を凹ますのではなく、自然に体が動くのに身を任せましょう。

口をすぼめて「シューッ」と音をだしながら吐くと、風船がしぼむイメージが湧きやすいのでgood👍です☆

④空気を吐ききってからゆっくり鼻から吸って風船を膨らませる(お腹が膨らむ)

体の中の空気を全て吐ききったら、息を吸う動きに身を任せます。無理に吸うのではなくゆっくりと、柔らかく自然に体を開いていきます。

しぼんだお腹に空気が入る事で膨らんでいきます。(この時に体幹筋が硬かったり運動不足の人はお腹が思うよう「膨らまない事があります。その時は無理をせず膨らむところまでで大丈夫)

⑤お腹がパンパンに膨らみ、限界まできてから③に戻り繰り返す

お腹が膨らみきっていないところで中途半端に吐くと、インナーマッスルはスイッチがはいらないので必ず息は吐ききる❗️吸いきる❗️事が大切です✨

 

この繰り返しを慣れない方は1日3回ほど繰り返して下さい♡慣れて物足りなくなってくると回数を増やします。

注意点は息を吐く時吸う時は

必ずお腹だけ動く

です。

どうしても胸が動いてしまう人の対処法は又次回😀

 

丹田と体幹筋を鍛えてダイエットしやすい体へ*\(^o^)/*

阿倍野区帝塚山ピラティス

阿倍野区帝塚山産後ダイエット

https://studio-ai-tezukayama.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です