阿倍野区産後ダイエットと膝の痛みの事

こんにちは♡阿倍野区産後ダイエットのStudioA.I帝塚山

ハッピーナビゲーターの伊藤綾華です❤️

サブッ❗️夜は冷えてきましたね・・・もう11月やもんなぁ〜・・・「光陰矢の如し」を実感するここ数年💫

 

さてっ❗️思いにふけっている場合ではないですね 笑 サクッと今回のお話に入っていきましょう😀

前回は膝の怪我の危なさを書いたので今回は

「産後ダイエットと膝の痛み」

について。

妊娠中は膝の痛みや関節痛がでます。それは出産に向けて骨盤をやわらかくするホルモンがでてくる事によって一緒に膝周りの筋肉まで影響が出てくるから。そのせいでの痛みはあります。

ただ、それは妊娠中のみ。出産後に膝が痛くなる理由は

*赤ちゃんのお世話をするのに、立ったり座ったりする動きが増える

⬇︎

歩く時には、膝には体重の3倍の負荷がかかります。赤ちゃんを抱っこして歩くと、赤ちゃんの体重分まで乗っかってくるので、膝への負担は相当なものになりますよね💦

 

*体重が増えた

⬇︎

妊娠中は体重は急激に増えるわけではなく、ゆっくりと、徐々に増えていきます。体重増加に伴い、膝の負担はどんどん増えていく。大体10㎏の増加で膝は悲鳴をあげています。

 

と、言うことで❗️他にも、ホルモンバランスによってや骨盤の歪みによってなど理由はあるのですが、 今回は

①赤ちゃんのお世話による膝の負担 & ②体重増加による膝の負担

について。

この2つにはピラティスをベースとした体幹トレーニングがベストだと思います。

①膝の負担が心配なので、ピラティスで太ももの筋力や体幹力をつけて少しでも膝にかかる負担を減らしていく。体幹のインナーマッスルを使っていくと骨盤も自然に閉じていきます❤️

ピラティスはリハビリから発祥しているエクササイズなので、負担のある部位や痛みのある所をカバーしながら鍛えることができます。

 

②体重増加には、ピラティスをベースとしたコアトレーニングをメニューに取り入れましょう。

産後太り独特の下半身の脂肪にアプローチしてエクササイズします。産後に開ききった坐骨の周りについた脂肪を落としていく事がとても大切です😀そのまま放置しておくと骨盤は脂肪によって閉じれなくなるので、後々ダイエットしようと思ったら倍の❗️時間がかかってしまいます💦

産後太りと膝の痛みは放置せず、出産後40日程から産後ダイエットを始めてみて下さいね😊

 

出産後の様々な体と心のお悩みを一緒に解決していきましょう♡

阿倍野区ピラティス

阿倍野区産後ダイエット

StudioA.I帝塚山

 


ピラティスで産後ダイエットを成功させちゃいましょう*\(^o^)/*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です