阿倍野区産後ダイエットと膝の痛みの事

こんにちは♡阿倍野区産後ダイエットのStudioA.I帝塚山

ハッピーナビゲーターの伊藤綾華です❤️

 

昨日の大阪マラソンで、膝を負傷された方が来られました。

 5時間を切るというタイムを初めてだしたものの、ゴール手前で膝に激痛が走りそこから一気にペースが落ちたそうで、ご本人もすごく悔しい思いをされたそうです。

膝はね、一度傷めるととてもやっかいな部位なんです。特にスポーツなどで傷めた場合、体の使い方を根本から正さないと前十字靭帯断裂などがおこってきます。

そして、前十字靭帯は関節内靭帯なので自然には絶対に❗️くっつきません。手術するしかなくなってくるんです・・・怖いよね・・・

 

膝のお皿と呼ばれる膝蓋骨の周りは靭帯や軟骨や関節包やらがあります。

靭帯は筋肉がめっちゃ硬くなったものです。ブチっと切れたが最後自然にくっつく事はありません。

走ったりする時に体のアライメントが歪んでいると筋肉の歪みもでて、足が正しく地面に着地できません。

膝がねじれる事によってどんどん靭帯に負担がかかり、耐えきれなくなって

前十字靭帯断裂

断裂してもそんなに痛みはないのです。実は。なので気づかない方も多いのですが、階段を降りたりする時に「ガクッ」となったり何となく不安定感があったりの症状がでてきます。そのまま放置していると次は

半月板損傷

になります。半月板は膝のクッションなのでこれが損傷すると、とりあえずまぁまぁな面倒な事になります。

手術するしか手はありません。し、リハビリも必要になってきます。 

他にも、オーバーユースで軟骨が減り事により関節水症(いわゆる”膝に水が溜まる”状態)と言う症状もでてきます。酷くなると軟骨のトゲトゲになった所を取り除く手術を行う事もあります。

 

なんて散々脅かしましたが・・・😅本当の事。

42.195キロを走る。5時間も6時間も走り続けると言う、体にとってリスクの高い事をするのであればそれ位は頭に入れておかなければならない事です。

プロの方はね、そんな事も重々承知の上でトレーニングを

積んで積んで積んで❗️❗️それで生計をたてる覚悟で生きている方達です

でも市民ランナーの方たちは・・・❓違いますよね。膝の損傷やら足首捻挫やら、怪我しても病院代は全て自己負担で、その後の生活に支障をきたしたってどないもこないも仕様がありません。

と言う事は、絶対に無理をしない。です。そして、健康の為でもダイエットの為でもタイムを伸ばしたい為でも何でもいいんだけど、走りたいのならばまずは体幹を鍛え、アライメントを整える。全てに共通する事なんだけど、骨盤と背骨が美しくなければ体は故障の連続です。

 膝の痛みからなんで体幹やねーん✋と思った貴女❗️もう1度読み返してみてね❤️

 

冒頭の膝の痛みを訴えたクライアントさんには、整形外科に行ってまずはレントゲンを撮って頂くようにお勧めしました。大事になっていない事を心から祈ります。(記載するにあたってご本人の了承は得ています)

 

はっ😳しまった・・・❗️産後ダイエットと膝の痛みの関係を書くつもりが思わず長くなってしまいました💦

ダイエットのお話は又次回☆

お次も見てね😉

 

阿倍野区ピラティス

阿倍野区産後ダイエット

StudioA.I帝塚山

 


骨盤の歪みは体の怪我の元❗️ピラティスでバランスを整えましょう*\(^o^)/*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です